痩せる為の私の気づき

【8キロ痩せた】私が減量するためにやめた6つのこと

こんにちは。ゆんぴか(@yunpikakeibo)です。

夫と3歳の娘との3人暮らし。

平均的な世帯収入の家庭で、現在は専業主婦をしています。

心地よく暮らすために、家計や身体、暮らしを少しずつ整えながら生活しています。

ゆるゆるダイエットを始めて、8キロの減量に成功中。

今回は私がダイエットをするにあたってやめたことを紹介します。

今回の記事はこんなかたにオススメです。

  • 頑張りすぎずに痩せたい人
  • 時間をかけてでも健康的な体重になりたい
  • リバウンドをしない身体を目指したい人

私が減量するためにやめた6つのこと

過度な食事制限をやめた

私はこれまでにも、ダイエットには何度か挑戦しました。

夜ご飯はサラダだけダイエット、りんごダイエット、シェイク置き換えダイエットとか…。

でも、制限のあるダイエットをして、私が手に入れたものは

  • 食事制限をしたストレス。
  • 一時的には痩せたけどすぐに元に戻った身体。
  • ダイエット開始前よりも太りやすくなった身体。

でした。よっぽど我慢強い人でなければ、制限って続かない…。

今の自分の体型を作り上げたのは自分自身。その原点を見つめ直す必要があることに気づきました。

だから私は、痩せたいからといって、すぐに食事制限をすることをやめました。

始めにするべきことは

  • これまでの自分の生活習慣、主に食生活を知ること。
  • そして、自分の生活の中にある太りやすい習慣を見つけること。

でした。

私の場合、ご飯の量の多さと、お菓子の多さに気づいたので、それを徐々に適量に近づけながら、ダイエット中だけど1日3食、バランスよく、しっかり食べることに決めました。

今も11800カロリーを目安にしっかり食べてます。

お米も食べるし、お肉も食べるし、おやつだって食べます。

制限ではなく適量意識を心がけています。

やっぱり毎日のことだから、食べることは楽しんでいたいと思っています。

ダイエット中なのについつい食べちゃう!太る原因5つと改善のススメ【元ぽっちゃり主婦の体験談】こんにちは。ゆんぴかです。 私は体重の増減が激しい人生を歩んできた主婦です。 現在は標準体型です。 太る習慣が抜けたので、おそらく...

袋のお菓子を買うのをやめた

断言します。

私はおやつをやめることが出来ません。

娘が昼寝中におやつ片手に好きなことをする時間が今の私の最も幸せな時間です。

でも目安は設けます。

1200キロカロリーまで。

超えた日は次の日のおやつを無しにするとか、100キロカロリーまでにするとかで調整するだけでOK

食べすぎたーと落ち込んだり、自暴自棄になるのはやめました。

食べちゃったものは仕方ない。それに1回くらい食べ過ぎただけでは太らない。

次、食べすぎない工夫をすればいい。

食べ過ぎ防止策として、カロリーを調整しやすい小分けパックを買うようになりました。

小分けのお菓子も色々な種類があり、何にしようかなーと悩むのもまた楽しいですね。

ダイエット食品を買うことをやめた

ダイエットに良いからと低糖質のおやつやカロリー0食品を買っていた頃もありました。

美味しいダイエット食品!とか言われてるのを食べても結局普通の方が美味しいと思う自分に気が付いてしまいました。

カロリー低いからって無理にそういった食品に切り替えるより、自分が大好きな美味しいものを適量食べる方が、満足感が遥かに高いです。

なので、もう買っていません。

残さず食べることをやめた

これだけ残すのも中途半端だなー。食べちゃおう!と、家族の残り物を食べる。

これは主婦あるあるかもしれません。

食事を見直しているときに気づきました。残り物で摂取しているカロリーが結構高かった…!!

なので、残り物は小さい容器に入れて次回の自分の食事に回すようにしました。

お腹が満たされてるのなら、別に今それを食べる必要はないかな、と思います。

つらいと感じる我慢をやめた

我慢は良くないです。

しかし、ダイエット中は欲に襲われることが本当に多かったです。特に甘いもの

甘いものは欲を満たす最高の存在。

そういう時は完全に我慢するのではなくて、代用品を用いて対処。

1番手軽なのは熟したバナナを輪切りにして冷凍庫に常備すること。

甘いものが欲しい時には輪切りにした冷凍バナナを1つ頬張って欲を満たしています。

冷凍バナナは満足感高めです。しかも、バナナを普通に食べるより冷凍した方が甘い気がします。

あとは、アイスではなく冷凍みかんを常備しておくのもオススメです。

つらいことをつらいと感じない工夫』を楽しむことが出来るとダイエットは加速します。

他人のダイエット記録を見ることをやめた

ダイエット中のあるあるいいたい〜

自分と同じ身長体重の人のダイエット日記を探す〜♪笑

私だけ??

でもこの行動に意味あるのかな?とふと思ったんです。

私がそういう人を探しちゃうのは、同じ体型の人がいる安心感が欲しいだけなんじゃないかと気づきました。

仮にその人だけが順調に痩せたら私は落ち込む。この人痩せて良かったねー!だけで感情が終わらない。

私も頑張ってるのになぜ痩せないのー?とか、そもそも私は痩せにくい体質なのよ!ってネガティブ思考に陥りがち

そもそも、同じ身長体重でも体質も全く違うし、24時間の生活も全く違う

だから、他人と比べても意味がないんだ。比較対象は過去の自分にするべきなんだ。

と気づき、同じ体型の人のダイエット日記を探すことをやめました。

ちょうど1ヶ月前の自分より痩せてればOK!ということにしています。

他人を調べることに使う時間を、筋トレや散歩に行く時間にシフトした方が、絶対痩せる。

30代主婦が宅トレを1年間続けてみた。宅トレを続けて良かったこと10選。こんにちは。ゆんぴかです。 宅トレYouTuberの竹脇まりなさんが配信している動画と出会い、宅トレを始めてから今日でとうとう1年が経...

まとめ

ダイエットをしてみて、私がそういえばこれやめたな〜と思うことを書き出したらこんなにありました。

ダイエットで大事なものは、気合いや我慢よりも、こつこつと日々の習慣をよりよく整えることだと気づきました。

日々、健康的なことを選ぶように心がける。それを癖に出来れば自然と健康的な体に戻っていきます。

このブログのテーマにしている節約や貯金、それも生きていく上で大事だけど、

それよりも健康の身体を保つことが大事。

健康管理をしていても病気になるときはなってしまうと思うけど、意識をすることで生活習慣病などの予防には確実に繋がります。

自分の身体を守れるのは自分だけだし、自分を大事にしていこうと思っています

ゆんぴか
ゆんぴか
ではではっ!
【色々試して気づいた】良い習慣作りに必要な、ただ1つの要素。こんにちは。ゆんぴか(@yunpikakeibo)です。 夫と3歳の娘との3人暮らし。 平均的な世帯収入の家庭で、現在は専業...