心地よく暮らす

【2020年】娘と一緒に家庭菜園

ゆんぴか家の家庭菜園の記録

ゆん_ぴかぴかるー
ゆん_ぴかぴかるー
こんにちは、家庭菜園初心者のゆんぴかです。

ぴよこ(2歳)を出産する前に主人とのんびりやっていたプチ家庭菜園。

妊娠と出産を機にお休みをしていましたが

ぴよこが安定して歩き始めたことと、気候が良くなってきたので再開しました。

  • ぴよこに自然と触れ合ってほしい。
  • 植物の成長がぴよこにとっての学びになるといい。
  • 野菜や植物を好きになってほしい。

親のそんな願いも込めてスタート!!

2020年春から秋にかけて収穫に至った野菜は

  • じゃがいも
  • ミディアムトマト
  • ナス
  • とうもろこし

の4種類でした。

この中でも私はナスにとても愛着をもっているのでナスくんを主軸に記録をしようと思う(愛称を付けるほどの特別扱い。笑)

 

ゆんぴか家の家庭菜園記録

20203月頃

トマト、ナスくんを苗で購入。

じゃがいもは今年はメークインの種芋を購入したよ。

まだ植え付けは早いかな〜。
旦那
旦那

まあいいや植えちゃえ!

こんな雑な感じにスタートをきる。笑

じゃがいもは1.5坪ほどの大きさの地植え花壇へ。

ナスくんとトマトはベジプランターに1株ずつ並べて植えた。

2020年4月頃

ぴよこ
ぴよこ
お花にみじゅやりたーい!!

毎日の水やりに真剣なぴよこである。

水道と花壇を何度も何度も往復して水やりに励んでいた。が、もちろん野菜だけでなく、ぴよこもびしょびしょ。笑

ぴよこが濡れても私の心が穏やかであるために、あらかじめ玄関に着替えの用意は欠かせない。さぁ、濡れても良いよ。汚れても大丈夫よ。と仏様のような心で見守る。

なお、植物に興味があるというよりは、水をじゃーする行為を楽しんでいる様子。

2020年5月頃

ナスくんに開花の時がくる。

しかしこの辺りからナスくんの同居人のトマトが急成長を始め、ナスくんの居場所に暗雲が立ち込める。

方でぴよこ、ジャガイモ掘りを初体験する。

おいも大好きぴよこ。

ゆん_ぴかぴかるー
ゆん_ぴかぴかるー
こんなにお芋が出てきたら喜ぶだろうな~
びっくりするだろうねぇ~
旦那
旦那

という期待を抱く私たち。しかし、土の中から出てくるじゃがいもたちを見て

ぴよこ
ぴよこ
汚れてる…きちゃない…

とドン引きだった。笑

美味しく食べたけどね!!!

2020年6月頃

じゃがいもがいた花壇にとうもろこしの種を植え付ける。

そして、ついにナスくんがポツポツと実りはじめる!

相変わらずナスくんのエリアに迫り来るトマト。トマトはソーシャルディスタンスを知らない。しかし、実ったことでナスくんにも存在感が生まれた。

また、存在感を増したことによる弊害も出てきた。ぴよこがぐいんぐいんとひっぱり、えいやっとひっぱる。でも生きてる。強い!

しかし、やはり隣のトマトの成長がえげつない。脇芽摘みまくり。でも新しい脇芽がたくさん出てきまくりである。

もちろん存在感をもつトマトも、ナスくんと共にぴよこの引っ張られ要員となる。

2020年7月頃

トマトが実りの時期を迎える。

その一方で5月~6月に3.4本実った後、ひたすら沈黙を続けるナスくんであった。花も咲かない。現状維持。ナスくんの時が止まっている…

2020年8月頃

我が家の地植えエリアで成長中だったとうもろこしが収穫の時期を迎える。

ぴよこ、採れたてとうもろこしを抱えトトロのメイちゃん化(可愛い♥

とうもころしと言ってくれるかしら?という親の期待をよそに、ぴよこは

ぴよこ
ぴよこ
コーン!!!コーンあるよ!!!

と言っていた。ぴよこの滑舌でとうもろこしと言うのは難しいが、コーンと言うのは容易い(チッ)

そして、とうもろこしにかぶりつくぴよこ。

その姿はフルート奏者のようである。いい音を立てて食べている。

採れたてとうもろこしはめちゃくちゃ甘かった。今まで食べたとうもろこしの中で糖度がすこぶる高い。美味!!

ファミリーキャンプの日は当日の朝にとうもろこしを収穫し、焼きとうもろこしに。

これまた美味い。これぞ家庭菜園の醍醐味!我が家のとうもろこし、粒が揃ってて綺麗!とうもろこし凄い!!育てたうちら凄い!!!

とっても幸せモードである。

ぴよこ
ぴよこ
コーンだいしゅき~~!!

我が家では来年もとうもろこしを作ることが決定。

あ、ところで、ナスくん生きてる?

2020年9月頃

我が家の家庭菜園のヒーローとなったとうもろこしはもういない。

とうもろこしが植えられていた場所の土が落ち着いた頃に、ナスくんが地植えエリアにお引越し。

これがナスくんの人生の転換期であった。

1週間で別人(別苗)ように急成長を遂げる。

葉っぱがフッサフサに!花がいっぱいついている。

彼は共に過ごしたトマトに別れを告げ、第二の人生を歩み出したようだ。

そうして、ナスくんが収穫されはじめる。

2020年10月頃

現在最盛期を迎えているナスくん。

トマトは実りの時期を終え、とうもろこしも畑からいなくなった。

まさに今、ナスくんの時代が来ている

しかし、ここで

ぴよこ
ぴよこ
ぴよこ、ナスやだー!!!!ナスおいちくないもーん!!!

ぴよこが突然のナス嫌いを発動。

実をひっぱって遊んでみたり、収穫の時だけは喜ぶぴよこ。

しかし、その後

ぴよこ
ぴよこ
ナス食べないからねー!!!やだーー!!!きらいだもーーー!!!!

ぴよこに完全拒否されるナスくん。

ナスくんД`)

しかし、彼は今、とても元気です。

まだまだなるよ!

野菜の成長メモ

ナスくん

我が家は日当たりが良すぎる庭のためプランターの時は、すぐに水が下がってしまっていた。地植えにしたことで水切れを起こさなくなったことが順調に成長を始めた要因と考えられる。

ナスくんは水も肥料も、かなりの量を必要とするらしい。

2021年度のナスくんは、トマトとは決別することにする。

また、プランターではなく地植えを選択し、追肥をしっかりしようと思う。

トマト

プランター栽培でも問題なく成長。

ナスくんとは逆に水の少ない状態が糖度を上げるらしい。

実際にとても甘いトマトだった。今回は上に伸ばす方法でグングン草丈を伸ばしたが、次回はプランターに1株だけ植え、場所に余裕を持たせて二股、三股に枝を別れさせ、背丈をもう少し低く栽培しても良いかもしれない。

とうもろこし

問題なく美味しかった。我が家の日当たりの良さが一番生かされる野菜かもしれない。

虫がつきやすいのと、鳥に狙われるのが厄介。

じゃがいも

育てるのが一番楽。虫もあまり発生しない。1株で沢山のじゃがいもがなるし、じゃがいもは収穫後、日光を避けて涼しい場所に保管すれば長期保存が可能。料理でも万能。

わたし的にコスパも一番良い野菜だと思う。

育てる場所がプランターだと実が小さくなるので育てるなら地植えがおすすめ。

ぴよこと家庭菜園のまとめ

家庭菜園はぴよこにどう影響したか

最初に述べた3つの願いから振り返ってみる。

ぴよこに自然と触れ合ってほしい

自然というか、主に実と触れ合っていたかな。

ぴよこは手が土で汚れるのが今でも嫌い。土いじりはまだ苦手で克服できていない。手が汚れない部分を選んで色々と触っていた。

スコップやジョウロの使い方は上手になったかな。

植物の成長がぴよこにとって学びになるといい

  • ナスの花は紫。花のところから実が出てくる。ナスにはトゲがある。
  • ジャガイモは土の中にいる。
  • トマトは黄色の花が咲く。緑色の実はまだ食べれない。
  • トマトの葉は独特な香りがする。
  • とうもろこしの小さいのはヤングコーン。
  • とうもろこしは甘い。けど外皮を剥くのが難しい。ふさふさのヒゲがついてる。

など、結構色々なことを知ったと思う。学びという言葉はハードル高めに感じるけど、、やって悪かったことは1つもない。やってよかったことしか見つからない。

野菜や植物を好きになってほしい

育てたからその野菜が好きになるかといえば、

嫌いなものは、嫌い(これ間違いない)

でも、単純に嫌いというわけではないと思う。

ナスもそうだけど、触ったりするのは好き。見た目も好き。だけど、食べるのは違う!そんな感じだと思う。味覚はダメでも、触覚、嗅覚、視覚でその野菜と触れ合えるならそれでいいかなと思います。

2021年度は、ピーマンやオクラにも挑戦していきたいと思います!

ゆん_ぴかぴかるー
ゆん_ぴかぴかるー
ではではっ!