心地よく暮らす

しんどい子育てを少しでも楽にする方法を私なりに探ってみた。

こんにちはー。ゆんぴかです。

現在3歳の娘を自宅保育している専業主婦です。

子育てばかりの日々をなんとか、楽しく乗り切っています。

でも、子育ては楽しい反面、やっぱり大変ですね!

自分自身の時間がないのは、もはや当たり前という感覚を叩き込まれ、3年間24時間の修行を積んだおかげで前ほど、そうした欲も出なくなってきた( )(悟り)

しかし、何がそんなに忙しいのか?

もはや、なんでも忙しい…あれもこれも(ノ∀`)笑

余裕のない日なんて沢山ある!

そんな私が子育てを少しでも確実に楽にする方法を考えたら、『日常のアクションを減らす』ことが大切という答えに行き着きました。

今日はそんなお話です。

まず、子育ての何が忙しいのか。

  • 子供が言うことを聞かない!!!
  • 子供が部屋を荒らしまくる!!!
  • 子供が夜中に起きて寝れない!!!

って言うのは、もちろんありますよね~。

そこに加えて、私が忙しいなと思うのは、日常のあらゆる動作を常に2人分やらないといけないこと。

  • ご飯を食べるにしても、毎回2人分の準備必要。
  • 着替えをするにしても、毎日2人分の着替えが必要
  • 出かけるにしても、毎回2人分の用意が必要
  • トイレの回数毎日2人分の回数が必要
  • お風呂も、なんでも…

全てにおいて常に2人分必要になってくる。

最低限の2人分の行動を行いながら、そこにプラスして、娘の癇癪や突然の暴走が発動されることもあり。

時には号泣して暴れまくる娘を、無理矢理抱えて、冷ややかな視線を浴びながらお店を出ることもあり…。

目的地は目の前なのに、なかなかたどりつかないこともあり。

物理的にも、心理的にも、そりゃ忙しいわよね。って思うわけです。

情緒不安定になるのは当たり前のことで仕方ないと思うのよね。ならない親御さんはまじで仏様の化身だと思います。。

もうね…尊敬する…未熟なわたしゃ拝みたいよ…

子育てを楽にするには

これは、私のちょっとしたモヤモヤなんですが、子供の誉め方や叱り方とか、そういった本を読んでもいまいちしっくりこないんです。

そりゃあ、100人いたら100人の個性がありますて

誉め方とか叱り方とかを変えても、人の感情を既存の枠にはめて対応するのは難しいんじゃないの~?ってなっちゃうんです(素直な心を無くしてるw)

チョコレート1つで機嫌が治る大人もいれば、

チョコレート1つでキレる大人もいるでしょう?

『同じ行動』でも『受け取り方は人それぞれ』

子育ても、そういうことだと思うんですよねー。

それなら、

娘と向きあう姿勢を変えて頑張るよりも、日常で行っている2人分のアクションを楽になるようにした方が子育ては楽になるよねー!そうよねー!

となったわけです。

そうそう。

娘には好きなように暴走していてもらおう。

それが子供の仕事。子供の仕事…

子育てを楽にするアクションの工夫。

ということで、私がやってみたアクションの工夫を紹介します。

衣服収納を私と娘でまとめてみる

毎日、私の服を取りに行って、娘の服を取りに行って〜と2度していたアクション。

そんなアクションを減らすため、私と娘の普段着エリアをまとめてみました。

チェストの引き出しの下3段を娘の洋服、上2段を私の洋服にする様に。

そして隣には掛ける収納スペースを設置。

娘のワンピ、私のリネン系の服、ボトムス、ワンピを掛けるように。

自分の洋服を取ると同時に、娘の洋服も取り出す仕組み作りをしてみた。

『私が楽になるようにやったこと』だけど、ママごっこがマイブームの娘は、おかあさんと一緒なのが嬉しいらしい。

ぴよこ(3歳)
ぴよこ(3歳)
さて、お洋服はなにを選ぼうかちら?

と、私の真似をして自分の服は自分で選んでくれるようになった。

嬉しい誤算である(たまにめっちゃ奇抜)

最近の娘は『いないいないばあ』のお姉ちゃんをテーマにすることにハマっていて。

ゆうなちゃんの日は黄色、ゆきちゃんの日はピンク、はるちゃんの日なら赤とテーマカラーを決めて選んでいる(今日ははるちゃんの日らしく、赤い服着てる)

楽しそうでなにより(笑)

献立を考えるのは夜ご飯だけにした

133人分のご飯を毎日決めるのは、かなりの思考力を持っていかれるので、朝昼は基本的に固定にすることにしました。

朝に朝食と夫のお弁当を作るついでに、娘のお弁当も作ることで、お昼にキッチンに立つ時間を無くすようにしました。

夫も娘も

朝 トーストセット

昼 おにぎり+おかずのお弁当

夜 毎日色々

という流れで回しています。

基本的に考えるのは夜ご飯だけにしたら、とても気持ちが楽になりました。

私は現在夜ごはんを食べないので夫と娘が食べている間に、キッチンに立ち、翌日の食材の下準備まで済ませておくのでキッチンに立つ時間がとても短く済んでいます。

その他日々の細かい動作を減らす工夫

めちゃくちゃ小さなことだけど、これは2人分とか関係ないんだけど

床に物を置かない!(娘の散らかしたおもちゃは例外。笑)

これが非常に楽です。

リビングテーブルは撤去

ぴよこ(3歳)
ぴよこ(3歳)
おかたじゅけー!

と言いながら、リビングのテーブルに次々とおもちゃを置く娘。

それをまた片付ることになっていまして。二度手間。

平面の台があると、ちょい置きする心理って、子供にも大人にも共通するのだなあ〜と思わず感心した。笑

人間の心理ですね、これ。笑

そして、静かにリビングのテーブルを撤去しました笑。

ダイニングのテーブルで十分。

撤去することで二度手間だった片付けとはオサラバ(´∀`*)ノシ 

床にあったゴミ箱も撤去

娘にゴミはゴミ箱に捨てるという習慣が出来るといいね!
夫

という夫の提案でリビングにゴミ箱を置いたのです。

しかし、これがね…毎日の掃除機のたびにどけないといけないし、ゴミ箱の底にも埃が絡まるからそれも拭かなきゃいけないし…

イーー!!!!(  `°罒°)と、なり手放しました。笑

かわりにコレ。

100均のケースをダイニングテーブルの足にマジックテープ+フックで掛けて、娘用のゴミ箱にする。

これでごみ捨てを習慣化させたいという目的は達成できるじゃろ。

すごく小さなことだけど、これで、掃除機中の1アクションを減らすことができて確実に少し楽になりました。イーーッッ!!(  `°罒°)ってならないことは大事(笑)

まとめ

今回は、子育てを楽にするために『日々のアクションを減らす』ということ紹介をしました。

自分の生活を振り返ると、なんとなくの習慣で無駄に消費している時間って実は結構あるんですよね~。

忙しさに追われて、自分に余裕がなくなると、むしゃくしゃしがちになっちゃうんですよね。

子供に変わって欲しいと自分ではなく、相手に対して変化を求めがちになっちゃうんですけど。。

なんとなくという無意識で背負っている自分の負担や荷物に目を向けたら、少しは心が楽になるんじゃないかな~と思って、この記事を書いてみました。

自分が無意識に背負っている負担や、荷物を下ろして、その労力を好きなことに使って生きたいですね。

では、また!