お金を貯める

節約すると疲れてしまうのってなんで?節約疲れにならない方法をじっくりと考えてみた

自分や家族のためにしている節約。

未来を明るくする為に節約しているのに、気がつけば、お金を使ってはいけない、お金を使うことが悪、使ってしまった私が悪いというネガティブ思考に支配されて、今がつらくなってしまうことありませんか?

この現象ってなんなんでしょうね〜。

そもそもなんでネガティブになるのか?

お金は、ものを手に入れるための交換手段ですよね。

『お金を使っているということは、それに応じたものを手に入れることが出来ている』はずなのに、お金を使って落ち込むって変な話ですよね〜。

  • 欲に負けた自分が嫌だから?
  • 残高が減っているから?
  • 満たされていないから?

そもそもお金を使うのはどんなとき?

なぜ、節約が失敗するの?

その理由は、お金を余計に使っているからに他なりませんよね。

でも、そもそも自分が余計にお金を使うときはどんな時なのか、考えたことあります?

私の浪費サイクルがいつ来るのかふと疑問に思い、ノートに書き殴って見たら、なんとなーく自分の行動パターンが見えてきたんですよね。

私の場合は、特に服や雑貨を買う時です。

素敵な人を見て影響されて

  • あの人のようになりたい!
  • 自分をもっと素敵にしたい!
  • より素敵な生活をしている自分になりたい!

こんなテンションの時に余計なお金を使ってしまう時が多いんですよね。

で購入するのが、

  • 収納上手な人が使っている『収納ケース』
  • 素敵な人が着こなしている『服』
  • お肌が綺麗な人が使っている『基礎化粧品』
  • 節約上手な人が買っている『食材』

とか(笑)『いいないいなー』で買っちゃうパターン多め。

浪費をするきっかけって実は向上心?

考えていくと服や雑貨など浪費をするきっかけって、実は自分の中の向上心がうずいている時なんじゃないかと気づいたんですよね。

現状よりも

  • もっと自分を良くしたい。
  • もっと部屋を暮らしやすくしたい。
  • もっとおしゃれになりたい。
  • コスパの良い食材を買って節約を成功させたい。

と思っているとき。誰も自分自身を悪くしたくて、お金を使っているわけじゃないよね。

むしろ良い方に行きたいからお金を使っているんだよね?

じゃあ、この気持ちがマイナスになっていく原因はなんなの

答えは、この気持ちが浪費に結びついてしまうからですよね。

向上心を浪費に繋げてしまう思考の癖が、実は存在する?

向上心が浪費に繋がってしまう原因はなんだろう?

と真剣に考えてみました。すると、

浪費に繋がりやすい向上心が生まれた時に、自分の意識が、まず外に向くか、まず内に向くか。

この2択が分かれ目なんじゃないかとふと思ったんですよねー。

外に向いてしまった場合、結構な確率で浪費につながるなと。

(例)素敵な人が持っているものと同じバッグが欲しい。

=まず、外を意識に向ける場合=

売り切れる前に買いに行かなきゃ!

よし買えた!よかった!

あれ?合う服がない。合う靴もない

服も、靴も買わないと使えないじゃん⇒さらなる浪費誕生

または

このバッグ、思ってたのと違う!⇒クローゼットの肥やしになる

=まず、意識を内に向ける場合=

このバッグが欲しい!だけど、自分の持っている服だったら、どうやって合わせられるだろう?

自分のクローゼットを開ける、確認する

この人と同じ赤のバッグが欲しいと思っていたけど、赤のバッグに合う服を持ってないな〜、それならブラウンの方がいいかもな〜

買い物の質が上がる・買い物を失敗する確率が下がる

こんなふうに、まず意識を内に向けた方が浪費に繋がりにくいんじゃないかと。

この思考ぐせはかなり重要な気がします。

浪費を防ぐために必要なこと

まずは自分というベースを忘れないこと。

常に裸で、部屋は空っぽ。そんな状態で生活している人なんてまずいませんよね。

元々自分が装備してるものがありますよね。

持っているベースはみんな違う。だから、それぞれ似合う似合わないが絶対ある。

流行りだし、みんな持っているから私も持とう!ではなく、まずは自分に目を向けるのが大事なんじゃないかと思います。

  • 同じようなものがないか。
  • 自分の持ち物に合っているのか。

そうやって、まずは意識を内に向けることを習慣づけてみる。

その意識の習慣づけで、自分に必要な物を具体的に把握すれば、頑張って節約するぞ!という固い意識を持たなくても、出て行く出費は、自ずと小さくなっていくんじゃないかな。と思うんですよね。

そうして、頑張って節約するぞ!という意識が薄れれば節約疲れという言葉から解放されるんじゃないかなと思います。

まとめ

『自分が今持っているものを把握すること』が節約という呪縛から解き放たれる大きなきっかけになると思います。

今、自分の部屋の中で一呼吸ついて、周りを見渡してみるのもありですよね!

今、自分の周りにあるものたちのほとんどは、『買うときは』いいなと思って買ったものばかりだと思うんですよね。そして、それを手に入れるためのお金も使っているはずですよね。

それ、本当に使いこなせてる?

そうやって一度振り返ってみるのもいいですね。

お金を使わない!という方にフォーカスを当てるよりは、自分の周りにある物たちを最大限に生かす!ということにフォーカスを当てれば、自分に必要なものが具体的に分かりますよね。

欲しいものを具体的に把握できれば、自分に必要ないものがわかる。

そうすれば無駄買いは防ぐことができて、買い物の後悔が減り、疲れることなく節約が出来るんじゃないかな。

うんうん。意識がまず内を向いていれば間違っても以前の私みたいに、醤油(特大)の横に醤油(特大)があるキッチンにはならないはず。笑

醤油は1つで充分でしょ!笑

むしろ大きすぎて期限内に1本使いきれるかも不安!笑

この思考って当たり前だけど、なかなか難しいですよね〜。

着る体は1つしかないのに、私は服を一体何着持ってるんだ~って自分にツッコミたくなるときもよくあります(笑)

欲ってほんと、抑えられないですしね〜!

しかも、1時間限定!今日だけ特別!特売!とか言いながらお店の方はぐいぐい急かしてきますしね(笑)

意外と買わなくても平気なことが多いんだけど、なんか急かされるとついつい買っちゃうことありますよね〜笑

私もまだまだ出来ていないけど、この意識は忘れず持っておこうと思います。

今回の記事が節約疲れからの解放につながるきっかけになったら嬉しいです。

読んでくださってありがとうございました~!

ではでは!

ESSEのお金が貯まる9つのルールで我が家の家計を見直してみたこんにちはー。ゆんぴかです。 昨日は夜21時から娘の寝かしつけを開始して、娘よりも先に気絶しました。笑 ハッ!と起きたときにはもうす...

 

ミニマリストTakeruさんの本。

完全に真似するのは難しいですが、必要最低限で暮らすことの魅力を十分に知ることが出来る1冊です。