心地よく暮らす

私の記憶はどこへいった?そんな私がほぼ日手帳を始めて1ヶ月経ちました。

日中、娘と2人で過ごす生活になってから、早いものでもうすぐ3年が経とうとしています。

当たり前に過ごす毎日にメリハリを感じなくなっている。

そして、忘れていることもたくさんある。

娘はいつからこんなに話すようになったの?

いつからこんなに速く走るようになったの?

考えてもあまり思い出せません。

産まれた時は3キロだったのに、今、娘は13キロ。

いつのまに、こんなに大きくなっていたのか。

さて、私の記憶はどこへいったのか。

スマホで写真を振り返りながら、そんなことを思うのです。

  • あの時の私は、なにを見ていたのか?
  • あの時の私は、なにを思っていたのか?
  • あの時の私は、なにを感じていたのか?

忘れてしまった記憶は思い出すことが困難です。

そんな日々の備忘録として、4月から毎日ほぼ日手帳をつけていました。

手帳はどうやってつければいいんだ?

ほぼ日手帳はこんな感じで本当に自由。

タイムスケジュールを細かく書いても良いし、お絵描きしても良いし。

縦書きでも良いし、横書きでも良いし。

本当に自由すぎて(涙)

さて、何から書こう?(・-・)(思考停止)

始めた頃の私の記憶では

  • 娘との日々で気づいたことを書きたい。
  • 料理のレパートリーを増やしたいので、レシピを蓄積させたい。
  • 読み返した時に、ふふっと笑えるものがいいや。

こんな気持ちだったはず。

なので、手帳にはポジティブなことしか書かない

読み返した未来の自分よ、良いことだけ書いておいてあげるから、この手帳に元気を貰いなさいよ…!!

そして夫に

私になにか不幸があれば、これをよろしく。

と言ったら

え?なになに?これは遺言なの?死ぬの?
夫

と驚かれる。

ゆん_ぴかぴかるー
ゆん_ぴかぴかるー
レシピ書いておくから。これがあれば料理も作れるから。

なるほどね。
夫

載ってるレシピはほとんど、クックパッドのつくレポ1000超えレシピだから美味しいよ。大丈夫、みんなのお墨付きだから(母の味はクックパッドの味)

手帳をつけ始めて1ヶ月

毎朝5分だけさらりと手帳をつける。

主に昨日の振り返りと、今日やりたいことを3.4個箇条書き。

  • 玄関掃除とか
  • 宅トレとか
  • 作りおきとか。

これがあるだけで気持ちが締まる。

そして、物忘れしてそのまま忘れることが減った。

いつも通り、お昼くらいに、あとは何がやりたかったんだっけ?(忘)と手帳を確認することはあるけど、確認が簡単なので良し。

また、新しく挑戦したレシピを書きとめる。

味の感想と、家族の反応も正直に。

そんなこんなで1ヶ月。

たった1ヶ月なんだけど、初日の日記がすでに懐かしい。

【(機関車)ピーナスと言っていた娘が、ついに機関車トーマスと言えるようになった。】

懐かしのピーナス!!

多分手帳に書いていなければ、このワードもすっぽりと忘れていただろう。

書いてなければ忘却のピーナス。

しかし、生き残りピーナス。

私の頭の中の、ピーナス。

そんな感じで楽しんでいます。

書くだけで頭の整理も出来る。

そして、ブログといい、手帳といい、私は書くことが好きなんだなあ。と気付かされる。

そんな、とってもプラスな習慣になりつつあります。

1ヶ月に1回、1言だけ胸に留めたい言葉も書く。

せっかくだから1ヶ月に1回、一言だけ心に留めておきたい言葉を決めることにしました。

4月は平野レミさんの言葉。

「ハイ!今日の人生ここまで」

を拝借。夜にこの言葉を思い出し、心をリセットします。

嫌なこと、モヤモヤしたことは、翌朝には引きずらない。

毎朝、0からのスタートを切る気持ちで生活する。

寝たら忘れる。心を入れ替える。

心のメリハリを大切に。をテーマに生活。

おかげで比較的に穏やかな心で暮らせていたと思います。

5月は

Less is more

より少ないことは、より豊かなこと。

というテーマを手帳にメモしました。

色々な情報やものに溢れた世の中。

取捨選択が大事だと思ったのでこの言葉をチョイス。

多くのものがあることで、失われる時間も多くあることに私は最近ようやく気づいてきました。

なので、大切なものを選び取り、生活していく心がけをしていこうと思います。

数あるもののなかから、沢山ではなく、価値のあるものを少数選ぶことに目を向けて。

そこにあるものや人と向き合いながら心豊かに暮らしていけると良いと思います。

SNSとの付き合い方も、もう少し上手くやっていけたらな〜

そんなテーマで5月は過ごしていこうと思います。

目標を作るって面白いなー。

 

おしまい。