心地よく暮らす

子育ての本音と、今日はごめんねの日。

 

昨日は、娘のイヤイヤが酷く、私の気持ちのコンディションも悪かった1日でした。

いや、私の気持ちのコンディションが悪かったから、娘のイヤイヤがひどかったのか。

どちらかはわかりません。

娘も泣きじゃくり、私も声を荒げた1日でした。

ダメダメだった1日の振り返り。

夜8時。

リビングに、刻まれて、ばら撒かれた折り紙。

無造作に転がるぬいぐるみ。

夫を迎える気なんて一切ない部屋。

昼食から始まり、夕食も。

娘の不機嫌が収まらず。

いつもより1時間遅く、ごちそうさまをしたと同時に夫が

ただいまー

と帰ってきました。

いつもと違う様子の部屋、泣きはらした顔をしている娘と、ぐったりした私。

夫から「これから帰るね」と携帯に連絡があったのに、まだ温めてもいない夫のご飯。

とりあえず、夫の夕飯を準備する私。

重い空気を感じて、夫は部屋着に着替えてすぐに、娘の歯磨きをして寝室の準備をしてくれました。

こんな自分が不甲斐ない。と思いました。

2歳児のしつけ

これは厳しすぎる?

まだ2歳だから分からない?

娘に何かを教える時にいつも悩みます。

娘は娘なりに理解してくれようとする。

だけれど、気が散っている時は全然伝わらない。

娘は、ふざけてその場をやり過ごそうとする。

娘と向き合っていきたい。

その気持ちは常に持っている。

でもこれは向き合っている?強制的に指示してる?力でねじ伏せてる?どっち?

と、色々な思いが出てきます。

私と娘。2人の生活。

今住んでいる地域は私たちのように夫婦揃って余所者は珍しい。

今まで話した人は近くに実家または義実家がある人ばかりだった。

娘は、寂しくないだろうか?

私以外の人、例えばおばあちゃんやおじいちゃんに会いたいと思っていないだろうか?

せめて、色々な人と触れ合う機会があった方がいいんじゃないか。

と思い、子育てサークルに行くと、なぜか他のママがキラキラして見える(この現象は何?笑)

そんな日は、

なんだか少し自信を無くし。

なんだかいつもより疲れて帰宅する。

平日は夫が帰宅しても、娘と遊べるのは30分前後。

もちろん会えない日もある。

やっぱり、娘は寂しくないのだろうか。

私はきちんと愛情を持って接することが出来ているだろうか。

娘に愛情を届けることが出来ているのだろうか。

ぐるぐるぐるぐる考えてしまう。

、、考えても仕方ない。か。

思考回路が巡り巡った後、いつもその答えでおわる。

だから、今日はごめんねの日。

昨日はダメな日だったから、今日は優しい気持ちでいこう。と決意。

朝、娘が朝食を食べているのを見届けながら昨日はごめんねの気持ちで、マドレーヌを焼く。

娘が食べられるように、砂糖を少なめにして、代わりにさつまいものペーストを練り込んで。

お菓子作りが下手なので表面がぶつぶつで若干気持ち悪い。

上手なおかあさんならいいのにね。

それが終わったら娘と折り紙をして遊ぶ。

娘と向き合って、広い気持ちでを忘れずに。

楽しい気持ちでいけば、娘も笑う。

娘が笑うと私も嬉しい。

気持ちは連鎖する。

ダメダメな日があっても、次の日がいい日ならそれで良いのかもしれない。

例え、次の日がダメでも。

そのまた次の日が良ければ良いのかもしれない。

そう思えば、少し楽になるかもしれない。

都合の良い解釈かもしれないけれど

良かったことを結果に持っていき、前向きになる。

その繰り返しで生活していこうと思う。

今日は、ふと、そんなことを思った1日でした。

ゆん_ぴかぴかるー
ゆん_ぴかぴかるー
今日も読んでくださり、ありがとうございました。